陰口や悪口、言われていたって知ったら、ショック受けたり、落ち込んだり、はたまた反省点を見つけようとしたりしませんか?

人はなぜ悪口を言うのでしょう。

こういう風に言って欲しかったのに (と、勝手に期待した)

あんな風に扱って欲しかったのに (と、勝手に期待した)

もっと~~して欲しかったのに (と、勝手に期待した)

~~するのが当然だ (と、勝手に期待した)

~~すべきだ (と、勝手に期待した)

なのに、そうしてくれない!

そうしてくれないあの人は悪い!

と、勝手に期待をしたのは自分なのに、それには気づかず、相手(や他人、環境など)を悪者にします。

または、

私だって、それが欲しいのに、あなただけずるい! イヤだ! 嫌い! (嫉妬、妬み、つまり羨ましい) ということだったりします。それも勝手にその人が思ったり感じたりしたことですね。

だから、悪口言われても無理に理由を見つけようとしなくていいし、反省しなくていい。怒って言い返すこともしない。

(出したエネルギーは返って来ます。あなたにも、相手にも!)

一瞬イラッとするのは、身体の反射です。

ハイヤーセルフと統合が進むにつれ、少なくなります。一瞬イラってする自分は、許して手放しましょう。

そして、人はなぜ他人に期待するのでしょう?

実はその人を好きだから。好きなのに、思ったように動いてくれない!だからイヤ!(>_<) なのです。

だって、まったく関心が無い人やどうでも良い人が、何をしてようと、気にならないはず。(^^)

逆に、あなたが他の人を批判したくなったら、、、もしかして勝手な期待をしていなかったか考えてみましょうね。

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

潜在意識にある思考パターンを書き換える 公式ライン 特典をご用意しました♡