最近、「発達障害」のワードで検索される人が増えています。

それだけ、たくさんの人が気になっているのだろうな〜と思い、書いてみることにしました。

実は、うちの子の一人は発達障害と診断されたことがあります。

生まれた時から恐ろしい癇癪を爆発させたり、周りの声が聞こえにくい(耳は聴こえています)、好きなことしかしない(やるべき事に集中できない)、母である私の話す日本語は話すけど学校で使われる英語がちっとも入らない、人との距離感が分からない、数字の概念が入らない、等の心配で5歳ごろ専門家を訪ねました。

当時は、あまり情報もなく、残念ながら診断された先生は「社会性は一切つかないでしょう」「大学に行くなんてあり得ません」等の宣言もされました。(泣) どうして良いか分からなかった私は、医療ではない何かがあるはずだと色々とリサーチしました。

見つけたのがホメオパシーと認知行動療法でした。私はホメオパシーを4年かけて勉強し、資格を取りました。そして、認知行動療法の専門家に週に3〜4回1年ほど家庭教師的に来てもらいました。

その甲斐あってか? はたまた私の信じる気持ちからか? 発達度合いは遅かったし、人間関係で苦労は多々あったし、出来ること出来ないことに凸凹はありますが、なんとか大学にも進学し、成人しました。まだ社会には出ていないので、何とも言えない部分はありますが、素直で誠実で正直、お友だちを大切に出来る人間に育ってくれたと思います。アメリカの大学に進学し、キャンパスライフをエンジョイしています。

私はホメオパシーで子育てをしましたが、シータヒーリングをもっと早くに知っていたらずっとスピーディだし安心安全に子育てが出来たのではないかな〜とちらっと思ったりします。

発達の度合いが周りと違っていても、その子なりのペースで確実に成長しているのだと、今は確信しています。

そもそも、みんな一人一人違う存在で、それだからこそ世界は素敵です。その子個人の成長を見守ってあげましょう。

お子さんの発達でお悩みの方も、ご自分の生きにくさにお悩みの方も、是非セッションにお越しくださいね。

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

6月 セミナー予定