誤魔化す、つまりその場を濁そうとちょっとしたウソをつく、、、😅。私たち、きっと皆、どこかでやるもやられるも経験しているのではないでしょうか。

時には、本人は自覚もないほど考えなしに癖や習慣から、またはプライドやエゴからやってしまっていることがあります。

さあそれを見た時、どうしますか?

「高い視点でいる」。 そのエネルギーに巻き込まれることなく、第3者目線でいることを意識してみてください✨

ちなみに、マウントを取りに来てるのかな〜と感じた時も同じです😅

「高い視点」をキープすることで、その方の本質や事情が見えてきます。具体的にどんな事情なのかがわからなくても、「何か事情があるんだろうな」と想像できるだけで、あなたの波動はシフトします。

「その場では分からず、ごまかされてしまい、後々になって分かった。」はい、そんなこともありますよね。

その場合も、その方を「悪い」とジャッジするのではなく、そして、わざわざ戦うのでもなく、「いろいろ事情があるんだろうなあ」「そのエネルギーって何倍にもなって自分に戻ってくるのになあ」「まだ学びの途中なんだな〜」と思うことが出来たらどうでしょう。

その方の出している波動に巻き込まれずに一歩引いていることが出来ます😊

もしも、イラっとしても大丈夫。それは単なる体の反射です。「あ、イラっとしてるな、自分😅」と言ってみてください。そうすることでこれまた第三者目線でいられます。そして、イラっとする自分もOKと受け入れてくださいね。

残念ながら、そのご本人はただ「その場を逃れている」だけで、「誤魔化しのエネルギー」は非言語でバンバン伝わってしまいます。エネルギー循環は「先に出して、受け取る」のが基本なので、出したエネルギーは帰って来てしまいますね。またそれも学び。十分に学んだら卒業して次のステージに行かれる事でしょう。

なんとなく、心の片隅においておくと役立つ方法です😊

コメントをどうぞ!

メールアドレスが公開されることはありません。

コロナ〜症状の対策〜 8月